探究型学習BOKEN(ぼうけん)とは?

探究型学習スクールBOKEN では、①自ら問題を見つけ、②夢中になってトコトン探究し、③新しい発見を楽しみ、④表現をカタチにする。そんな力をプロジェクトを通じて育む場をつくっています。

そんな小学生向け探究型学習スクールBOKENでは、下記のテーマに沿って活動を行っています。

[1]わたしたちはどのような時代に生きているのか? 
[2]世界はどのような仕組みになっているのか? 
[3]わたしたちはどのように自分を表現するのか?
[4]わたしたちはどう生きるのか?

これらの正解のないプロジェクトにチームで取り組み、0から1をつくる人を育むための探究型学習スクールです。

 

BOKENのしかけ

小学生に特化した探究型学習スクールBOKENは独自のカリキュラムを開発してきました。

子供たちが主体的に探究に取り組むそのしかけの、最大の特徴は「プロジェクトパッケージ」です。

 

オリンピックや里山再生、豪雪地域の限界集落など様々なテーマを取り上げ、小学生が『日常的な探究』と『本物体験』を通じて、学びを深めていくしかけになっています。

 

探究プロジェクトの事例

2013年夏の探究プロジェクト「研究者スイッチ!」から始まったBOKENでは、これまで数々のプロジェクトに取り組んできました。

  • 水産業界のトレーサビリティをテーマにした「お魚が食卓に並ぶまで」
  • テクノロジーの進化と領土問題を取り上げた「オリンピックと戦争」
  • 環境問題に向き合う「里山再生プロジェクト」
  • 価値を創造し届ける素養を育む「なぜ人は100万円の腕時計を買うの?」
  • 相手に良さを伝える表現について考える「勝手に動画CMつくっちゃお!」

などです。

子供達は低学年クラスと高学年クラスに分かれて、自分たちなりに意見を言い、調べ学習をし、自分たちなりに表現をしてきました。

このような活動を日常的に繰り返すことが、”次世代を切り開く力”を育む最良のトレーニングになるでしょう。